お悩み解決

【保存版】火災保険を使って無料で屋根修理するための申請方法と注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
屋根の修理を火災保険を使い無料で修理できるのをご存知でしょうか。
火災保険に加入されている方でも、ほとんどの方がご存じありませんが、火災保険の「風災」補償に該当するため、屋根を無料で修理することが可能なのです。
どうして周知されていないのでしょうか。なぜなら、火災保険という名称から「火災」しかでないと思われている方が多くいらっしゃいます。また、火災保険は申請ベースなので、建物に被害があった場合には契約者から申請をしなければ保険はおりないのです。
保険会社からするとお客様の建物に被害があったことを知る由もなく、また、保険金を支払う側なので積極的に声を大にして言わないのが現状です。しかも、お年寄りの方に顕著ですが、保険を使うことが「なにか悪いことをしている」かのように思われている方もいらっしゃいます。

屋根修理をご検討の方へ

建物に火災保険をかけていれば、屋根だけではなく以下の箇所なども建物に含まれますので、火災保険で無料修理できます。

屋根 雨樋 外壁
雨漏り カーポート ベランダ TVアンテナ

当サイトでは、「保険で無料修理できること」を多くのお客様にご案内し、実際の申請サポートのお手伝いをしてまいりました。火災保険は、自動車保険のように等級制度はなく、保険を使っても、翌年に保険料が上がることはございません。保険は入っているだけではなく「有効活用」してこそ賢明なのです。

しかし、すべての修繕に火災保険が使えるわけではありません。保険を使うためには条件があります。この条件を満たしていなければ保険で修理ができないのです。ここからは、「火災保険で屋根修理できる事例」「火災保険の補償内容」「申請の流れ」「どんな場合に保険が使えるか」ということをお伝えします。

火災保険で屋根修理ができる事例

実際に火災保険で無料修理した事例と、火災保険が使えなかった事例のご紹介です。

火災保険で修理できる事例

  • 台風等の強い風で建物が破損した場合
  • 積雪・落雪・雹で建物が破損した場合

【重要】経年劣化と思われても火災保険で修理できる可能性はありますので、あきらめるのは早計です!もちろん、原因が経年劣化であれば火災保険では修理できませんが、外見からは経年劣化のように見えても、破損の原因が「風・雪・雹」であれば保険で無料修理できるのです。

火災保険で修理できない事例

  • 100%経年劣化の場合
  • 以前修理した箇所からの雨漏り
  • 新築当時からの雨漏りしている
  • 屋根塗装したあとに雨漏りしてきた
  • 増改築後に屋根をみたら瓦が割れていた

【重要】経年劣化かどうかの判断は、お客様や修理業者、保険会社ではなく、損害鑑定人が行います。保険会社が鑑定人に依頼し、損害の原因が「風・雪・雹」かの調査をさせます。その鑑定結果を元に保険会社が保険金を支払います。

保険はおりないとお客様自身で勝手に判断しない

お客様ご自身で「これは経年劣化だ」と思い込まないでください! 素人の思い込みで経年劣化と判断せず、保険申請をして判断はプロに任せればよいのです。

雨漏りがあった場合は屋根に破損がある可能性大

お部屋に雨漏りしている場合、屋根などが破損している可能性があります。その屋根など破損の原因が「風・雪・雹」であれば、もちろん火災保険で修理することは可能です。

ですので、ほんの少しでも雨漏りがあったり、屋根に不安がある場合は、「住まいの保険ドクター」に調査依頼してください。

火災保険で屋根修理できる仕組み

火災保険の補償のなかには、「火災」はもちろんですが、「風災・雪災・雹災」などの自然災害も補償されます。

大手火災保険会社のパンフレット抜粋です。「風災・雪災・雹災」補償について記載がありますので、ご確認ください。

火災保険で屋根を修理するためには、お客様が加入されている火災保険に「風災」が含まれているかが重要になります。そのため、加入している火災保険の証券を確認してみてください。万が一、「風災」がついていない場合は、すぐに見直しましょう。

風災補償とは

台風などの突風・強風等の強い風により、建物が破損した場合に補償されます。

例えば、台風で屋根・雨樋・外壁・カーポート・ベランダ・TVアンテナなどが壊れた場合に、火災保険で修理できるのです。

保険会社と補償内容を確認しよう

損害保険会社や共済なら問題はないでしょう。なかにはオプションにより風災補償を外すこともできますので、加入している火災保険の証券を確認してみてください。

東京海上日動火災保険株式会社
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/

株式会社損害保険ジャパン
https://www.sompo-japan.co.jp/

三井住友海上火災保険株式会社
http://www.ms-ins.com/

AIG損害保険株式会社
https://www.aig.co.jp/sonpo

明治安田損害保険株式会社
http://www.meijiyasuda-sonpo.co.jp/

あいおいニッセイ同和損害保険株式会社
http://www.aioinissaydowa.co.jp/

共栄火災海上保険株式会社
http://www.kyoeikasai.co.jp/

日新火災海上保険株式会社
http://www.nisshinfire.co.jp/

セコム損害保険株式会社
http://www.secom-sonpo.co.jp/

楽天損害保険株式会社
https://www.rakuten-sonpo.co.jp/

アイペット損害保険株式会社
http://www.ipet-ins.com/

アクサ損害保険株式会社
http://www.axa-direct.co.jp/

アニコム損害保険株式会社
http://www.anicom-sompo.co.jp/

イーデザイン損害保険株式会社
http://www.edsp.co.jp/

エイチ・エス損害保険株式会社
http://www.hs-sonpo.co.jp/

SBI損害保険株式会社
http://www.sbisonpo.co.jp/

ジェイアイ傷害火災保険株式会社
http://www.jihoken.co.jp/

セゾン自動車火災保険株式会社
http://www.ins-saison.co.jp/

ソニー損害保険株式会社
http://www.sonysonpo.co.jp/

大同火災海上保険株式会社
http://www.daidokasai.co.jp/

トーア再保険株式会社
http://www.toare.co.jp/

日本地震再保険株式会社
http://www.nihonjishin.co.jp/

日立キャピタル損害保険株式会社
http://www.hitachi-ins.co.jp/

三井ダイレクト損害保険株式会社
http://www.mitsui-direct.co.jp/

火災共済について

火災共済は安い掛け金のイメージのため、費用を抑えたい方が加入しているケースが多く見受けられます。しかし、火災保険と火災共済と比べた場合、「風・雪・雹」などの自然災害の補償内容や補償される金額については全く異なります。多くの火災共済の自然災害補償は充実しているとは言えません。

いちばん重要な実際に支払われる保険金が非常に少額になり、共済の種類によってはお見舞金程度しか出ないのがほとんどです。そのため、私たちのような専門業者がお手伝いすることができないのが現状です。

しかし、以下の3つの火災共済であれば ある程度の共済金額が見込めるため、お手伝いは可能ですので該当された方はご連絡ください。

  1. JA共済 建物更生共済 むてき/まもり
  2. 全労災の自然災害補償付火災共済
  3. 県民共済・都民共済・府民共済の新型火災共済

確実に保険がおりる申請方法

安易に保険会社へ事故報告の電話をしてはいけません。なぜなら、最初の連絡をした時から保険認定までの間、保険会社は常にあらゆる方法で保険対象外にする理由や保険金を減額できる根拠を見つけようとしているからです。

保険会社は保険金を払わない理由を探している

保険金を支払う側の保険会社からみれば当たり前の行為です。

そこで、最も重要視しなければいけないのが、保険会社へ伝える内容です。ちなみに最初の「電話連絡=保険申請」になりますので細心の注意が必要です。

たとえば、火災保険で屋根修理できると聞いて「保険で屋根を修理できると聞いたのですが…」や「雨漏りは保険で修理できますか?」などは最もやってはいけない電話連絡となります。

保険業界には特有の捉え方がある

なぜならば、保険会社はその電話内容を次のように捉えます。

捉え方①
「保険で屋根を修理できると聞いたのですが…」


「別に被災していないけど、屋根を保険で修理できますか?」

捉え方②
「雨漏りは保険で修理できますか?」

「経年劣化で雨漏りしたのですが、保険で修理できますか?」

そんな意味合いではなく、はじめてのことだったので不安になって尋ねただけなのに保険会社はそのように捉えてくれません。

では自動車保険に置き換えると、どうでしょう。少しはイメージしやすいのではないでしょうか。

自動車保険に置き換えると…

たとえば、交通事故に遭ったかどうかも不明なときに保険会社に「私の自動車保険で車を修理できますか?」と電話連絡する人はいません。仮に電話連絡したとしても保険金が下りるわけがありません。

最初の電話連絡が最重要ポイントで、何気ない一言が非常に危険なのです。最初の電話が保険申請になり、さらにその電話連絡自体が保険申請の扱いになりますので一度否決されたら、再申請(再度電話すること)して取り合ってくれません。

保険会社が一旦否決としたら、それを変更することは非常に難しくなります。しかも電話口では必ず保険契約者の氏名をフルネームで確認の上、通話内容を録音していますので、あとから違うとクレームを入れても無駄に終わります。

保険申請経験が豊富な専門業者が良い

通常、真っ先に保険会社へ電話連絡をするとお考えだと思いますが、現実は異なります。少し落ち着けばお分かりになると思いますが、保険金(お金)を払ってもらおうとしている保険会社(相手)にその金額について最初に相談すると、不本意な結果になってしまうことは想像できますよね。絶対に保険会社よりも専門業者に最初に相談・問合せをすべきなのです。

火災保険で屋根を修理する際の注意事項

ここでは火災保険で屋根を修理する際の注意事項と1つのデメリットを説明します。

専門業者を選ぶべき

実は、火災保険会社に提出する書類は一般の屋根修理業者でも作成はできます。メインの書類は屋根修理の見積書となりますので、屋根修理業者であれば当然です。

しかし、だからといって一般の屋根修理業者に依頼すると、あなたは後悔することになるでしょう。その理由は3つあります。

損害箇所を見つけることができない

雨どい修理で調査依頼すれば通常、雨どいしか見積りをしないが、専門業者はカーポートなどにも損害があればカーポートも含めて見積りします。

専門業者に依頼すれば保険でカーポートも修理できたのに通常業者に依頼したため、雨どいしか修理できなくなります。

的確な保険申請のアドバイスができない

なぜ屋根に損害を受けたのかを知る術を一般の業者は持っていませんが専門業者はそのノウハウを持っております。そのため、一般の業者では被災原因の特定ができず保険申請が却下となり自費で修理をすることになります。

見積書の意味を理解していない

一般の業者は自社利益の計算のための見積もりを作成します。一方、専門業者は保険で認定される見積もりを作成します。もちろん見積もり金額が異なれば修理内容も異なりますので、お客様満足度も大きく異なってきます。

上記の3つの理由のため、必ず専門業者に見積り依頼しましょう。

専門業者の3つのメリット

自費負担一切なしで修理できる

当サイトがご紹介する専門業者は認定金額が確定後、修理内容を打ち合わせいたしますので、他社でよくありがちな追加費用は一切ございいません。

気付いていなかった損害箇所も修理できる

火災保険会社に認められれば、お客様自身でもが気付いていなかった箇所も保険で修理できます。

手抜き修理の心配がない

保険で修理ができますので、専門業者も適切な利益を確保でき手抜き工事をする必要がありません。

火災保険で屋根修理するときは専門業者を必ず選びましょう!

保険が全く下りなかったり、減額されたときは自己負担があるの?

いいえ、自己負担は一切ございません。全く保険が下りなかった場合は修理を行ないません。その際に修理費用はもちろん、見積り費や出張費などのいかなる費用も発生いたしません。

また減額された場合は、認定金額の範囲内でお客様の要望に合わせ修理させていただきますので、減額の場合も一切自己負担金ございません。

不正な保険申請をする業者に注意

保険申請サポート会社の中には、不正をする業者も少なからず存在します。

例えば業者が割ったスレートの写真や棟板金を工具で無理やり浮かせた写真で保険申請したり、申請書にありもしない突風の被害だと書いたりして不正申請を勧める業者がいます。

しかし、そんな不正は一発で鑑定人(鑑定会社)に見破られてしまいます。鑑定会社には一般社団法人 日本損害保険協会の鑑定人資格を持った者が在籍しており、不正は見抜かれ保険対象外になりますので業者は慎重に選ぶ必要があります。ましてそのような不正な申請をすると、次回からの申請時に悪影響が出ることは必至です。

不正な保険申請をすると、その火の粉は不正な業者ではなくお客様へ降りかかりますので、絶対に不正業者の誘いに乗らないようにしましょう。

 

デメリットについて

保険で自己負担なく修理するためには、保険が降りるまでに保険会社での査定期間を要するからです。保険会社や共済にもよりますが、大手の保険会社であれば早く、保険申請→認定→修理まで1ヶ月程度ですが、中小保険会社や共済では、対応によっては4ヶ月もの期間が掛かることもありました。

もちろん、もっと早く修理することは可能で、申請結果を待たずに修理を行なうことも可能なのです。しかし、申請結果前に修理を行なった場合、保険申請が否決されたり、おりる金額が大幅に減額されたりした場合に、お客様に自己負担が発生してしまいます。火災保険で修理できると聞いて依頼したのに、実際は自己負担があったとなれば納得できませんよね。そのため、自己負担を避けるための期間とご理解ください。

鑑定人の立場についての予備知識

鑑定人とは一般社団法人日本損害保険協会の鑑定人資格を保持者です。その鑑定人の立場は第三者となり、保険会社から委託されます。もちろん鑑定委託料も保険会社からその鑑定人(鑑定会社)に支払われます。

そこで保険会社と鑑定会社が結託できないように、定期的な更新があり審査もあります。鑑定会社は適切な鑑定調査を行なわなければ、委託契約は終了します。このように鑑定調査については健全化される仕組み化がなされています。

近年は異常気象などによる自然災害の増加により鑑定業務が非常に繁雑しております。そのため、当サイトがご紹介する鑑定会社の意向に沿った分かやすい見積書(鑑定書)を作成できる業者が好まれているようです。



    • このエントリーをはてなブックマークに追加
    • Pocket
    • LINEで送る