自然災害

修理する前に読んでほしい台風被害を火災保険で修理できる仕組み

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

修理する前に読んでほしい台風被害を火災保険で修理できるポイント台風で壊れた屋根や雨樋などを火災保険で修理できるのをご存知ですか?
火災保険には入っているけど、どんな内容なのかよくわからない。
そもそも何がどんなときに補償されるの?事故のときはどうせ全額でないんでしょ?などと思われている方へ。
この記事では、火災保険の内容や仕組みについての疑問にお答えします。

 

火災保険は火災だけでなく、風災・水災・落雷なども補償される!

火災保険は、自然災害や事故などにより住まいが損害を受けたとき、修理することが可能です。「火災」保険という名称から、火災しか補償されないと思われている方が大半です。そのため、実際に被害を受けても火災保険の請求をすることもほとんどありません。
台風は自然災害ですので、台風による建物や家財の損害は火災保険で補償されます。火災保険料を払っているのに、こういった知識がないため、実際に台風の被害を受けた際に請求しないのは、大変もったいないことです。事故があった際はぜひ請求しましょう。

火災保険で補償される台風被害の損害は主に以下の3つになります。

  1. 風災補償
  2. 水災補償
  3. 落雷補償

1.風災補償

風災補償

台風でおこる強風による損害を補償するのが「風災補償」です。ここでいう「風」とは台風だけではなく、強風、突風、竜巻などもも含まれます。補償する損害は風を原因とした事故から、風による飛来物の損害まで補償されます。一般的には経年劣化での雨漏りは補償されませんが、風災を原因とする雨漏りは補償されます

近年の総合型火災保険では風災も基本補償に含まれていますので、ご自身の契約内容を確認してみましょう。
詳しくは「【完全版】これを読めばすべてが分かる火災保険の基礎知識」をご覧ください。

—関連記事—
詳しくはこちらでご確認ください。
【完全版】これを読めばすべてが分かる火災保険の基礎知識

風災補償の具体例

風災補償では具体的に次のようなケースが補償されます。

  • 強風により窓ガラスが割れた。
  • 台風による強風で屋根瓦が破損してしまった。
  • 風でで飛んできた自転車が壁にぶつかり、穴があいてしまった。
  • 台風により破損した屋根から雨漏りが発生した。

損害額が20万円に満たない場合は保険金が支払われない可能性

風災・雹災・雪災による被害の場合、保険金の支払い条件がフランチャイズ方式になっている場合があります。

近年の火災保険の契約では免責額(自己負担額)を自分で決めれるものが多くなりこのような方式は少なくなりました。しかし、それでもまだまだ多くの方の契約がこのフランチャイズ方式となっています。

フランチャイズ方式では損害額が20万円未満の場合には保険金が支払われません。しかし、損害額が20万円以上であれば全額保険金が支払われます。

ご自身の火災保険の契約を確認し、風災の条件がフランチャイズ方式であれば、見直しすることをおすすめいたします。

水災補償

水災補償

台風や集中豪雨による洪水などの水災(床上浸水等)による損害が補償されます。例えば、洪水での床上浸水。建物が損傷し、半数以上の家財が使えなくなってしまったなどです。

突然の大雨、近くに川や山は無いから大丈夫…と安心していませんか?台風や暴風雨などにより発生する洪水、高潮、土砂崩れ。これらの被害は、水災補償をつけていないと補償されません。

最近では、突然の水量増加に行き場を失った下水などが溢れる(あふれる)都市型の洪水(こうずい)も増えており、多くの方が水災の危険と隣りあわせに暮らしているといっても過言ではありません。※津波による浸水等は補償されません。

水災補償のお支払い条件

水災のお支払い条件は以下の2点です。

  • 建物の協定再調達価額の30%以上の損害が生じた場合
  • 居住部分が床上浸水または地盤面より45cmを超える浸水による損害

お支払い条件は保険会社によって異なる場合がありますので、ご加入の内容を確認してください。

水災補償の事故例

水災補償では具体的に次のようなケースが補償されます。

  • 台風や豪雨等によって洪水となり家屋が流された。
  • 居住部分が床上浸水したことにより建物が損害を受けた。
  • 建物の居住部分が床上浸水したことにより家財が損害を受けた。

水災補償の付帯有無と支払い条件の確認が大切です!

1998年の金融自由化以前は「住宅火災保険」と「住宅総合保険」の2つが主流で現在でも販売されております。その内、住宅火災保険では水災は補償されません。また、住宅総合保険では水災の補償はありますが、最大でも損害額の7割(損害割合30%以上)までしか補償されません。近年の火災保険では、新価実損払いで100%補償されます。

過去に長期で契約した方や見直しをしないまま更新されていた方は水災が補償されない可能性があります。また、近年の火災保険では、水災補償を外して契約することもできるため、加入している火災保険の種類とお支払い条件を確認しておきましょう。もし、ハザードマップなどで水災の危険度が高い地域であれば、水災補償を必ず付帯しましょう。

落雷補償

落雷補償

身近で起こる可能性がある、落雷による事故 落雷は、実は⾝近に起こる事故なのです。屋根に穴が開いてしまった、急激な電圧の変化で電源が入っていた電化製品が壊れてしまったなどがよくある損害のケースです。

落雷補償の具体例

落雷補償では具体的に次のようなケースが補償されます。

  • 雷が自宅の屋根に落ちて、瓦が吹き飛び、屋根に穴があいてしまった。
  • 庭に落ちた雷から飛び火して、建物が燃えてしまった。
  • 分配器に雷が落ち、テレビ、DVDレコーダー、電話機が壊れてしまった。

今後に備えるために

火災保険では、台風による補償は風災と水災と落雷の3つの補償があります。お住まいが被災されたときにこれらのことを知らずに保険の請求をしなければ、保険料が無駄になってしまいます。火災保険は住まいを守るための保険ですので気兼ねなく利用しましょう。

そうは言っても、請求方法が難しくてわからない方や忙しくてお時間が取れない方など、そのときには住まいの保険ドクターをぜひご利用ください。

住まいの保険ドクターでは、ご自宅の損害に火災保険が適用されるかお調べする無料調査を実施いたします。今後さらに災害が増加するのことは間違いありませんので、お早めにお住まいの状態を整えておくことをおすすめします。お住まいに気になる損害がお有りの方や、長い間住宅のメンテナンスを行っていない方は是非この機会にご利用ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

適切な保険金請求出来ていますか?

保険金請求の事なら住まいの保険ドクターへ
台風の被害で保険金を請求しようとしたら保険会社に断られた。
保険の請求方法が複雑で分からない!など。
住まいの保険ドクターにはたくさんのお問い合わせがあります。
調査員が火災保険・地震保険の保険金請求を徹底サポート!
まずはお気軽にご相談下さい!

無料相談する