火災保険の現状

「火災保険」は「住まい」を修理するための保険です

火災保険の現状現在、一戸建ての殆どの方が火災保険に加入されています。また火災保険というと火災が起きた時にしか補償されないイメージがありますが、

実は・・・

約9割の火災保険は、
火災以外の雪、雨、風、雷、ひょうなど自然災害の被害も補償され、火災保険で修理費用がまかなえます。

被災の原因特定がポイント

また、保険というと大きな被害がないと受け取れないと思いがちですが、保険金がおりるために被害の大小は関係なく、重要なのは原因になります。
被害の原因が補償範囲内の風雨や雪、ひょうなどの自然災害によるものと保険会社に判断されれば、被害が出た場所の現状復旧費は支払われます。

一見被害が何もないように見えるお住まいでも、保険金が支払われることは大変多くあります。
なぜなら、屋根など高いところの被災箇所は、お客様自身で発見することは大変困難です。その点、「住まいの保険ドクター」の経験豊富な調査員ですと、すみずみまで調査し、破損や劣化箇所を特定いたします。

また、火災保険は自動車保険と異なり等級制度はありません。したがって、台風で屋根が壊れて保険を使っても保険料は一切上がりません。また、保険申請も災害などによって被災箇所が増える度に何度でもできます。

火災保険申請が厄介な7つの理由

これらの理由により、火災保険を個人で申請するのはとても困難で、申請できたとしても曖昧・適切でないポイントがあると、申請が却下されてしまったり、 本来支払われるべき保険金が減額されてしまったりする事も多いです・・・。

  1. 被災箇所を探す為に、ハシゴなどで屋根に登って調査しなければならない
  2. 傷が被災によるものか、経年劣化によるものかの判別が必要
  3. 被災箇所を適切な角度で、写真撮影する必要がある
  4. 申請可能な箇所を見落としてしまうリスクがある
  5. 被災箇所が、具体的にいつどの災害によって生じたものかを特定しなければならない
  6. 被害に見合った適切な額の見積書を、作成しなければならない
  7. 保険会社・鑑定人とのやり取りを、正確に行わなければならない

私たち住まいの保険ドクターは、無料での実地調査から被害箇所の特定、見積書の作成、保険会社とのやり取りのアドバイスなど個人では困難な火災保険申請のトータルサポートを行い、お客様が正当にもらう事のできる保険金をきちんと受け取るお手伝いをさせていただきます。

 

まずはお気軽にお問い合わせください