よくあるご質問

お客様からのよくあるご質問をまとめました。

料金について

Q:本当に無料でお家を調査してもらえるの?

「住まいの保険ドクター」は完全無料です。保険金の一部を報酬とする業者と異なりお客様から成果報酬はいただきません。保険がおりても、おりなかった場合でも調査・申請サポート費用はかかりません。私達はお客様の保険金が実際に下りた場合にのみ、修繕工事を勧めさせていただいております。実地調査に伺ったところ申請できる箇所がない、もしくは申請してみたけれど保険金が下りなかった場合については費用を一切いただきませんのでご安心ください。

Q:手数料・解約金・違約金など取られたりしませんか?

手数料・解約金・違約金など一切かかりません。火災保険適用内の工事ですので、自己負担は0円です。建物調査、見積もり申請サポート、申請書類の作成等、全て無料で行います。

 

作業について

Q:実地調査の内容はどんなことをしますか?

屋根、雨樋などをはじめ家全体に対して被災箇所が無いかチェックをいたします。
被災箇所が確認された場合は写真にて撮影させて頂きます。

 

Q:無料の実地調査はどれくらいで終わりますか?

約1時間〜1時間半になります。

 

Q:問い合わせから調査までの期間はどれくらいですか?

調査依頼提出から2〜3日でお客様に調査会社から連絡が入り日程の打ち合わせをして頂きますので、調査はおおよそ3〜5日後となります。※地域により変動します。

 

Q:無料調査の対象条件は?

築5年以上の建物
傾斜のある屋根や陸屋根(平な屋根)は対象外です。金属製以外の屋根、集合住宅、店舗、工場等は承っております。

Q:調査から保険がおりるのにどのくらいの期間がかかりますか?

保険会社様によって異なりますが、平均して1ヶ月〜1ヶ月半くらいです。

 

Q:災害の自覚や症状は無いのですが、無料調査に申し込んでも大丈夫ですか?

近年の大型台風、雷、雪、ひょうなどの自然災害によって、「お客様が間近で見てもほとんど分からない程度傷や歪みが物件にできてしまっていることが非常に多い」です。
仮に実地調査を行って保険請求できる箇所が無ければ、お住まいの物件が安全であることを無料で確認できるいい機会だと思いますので、お気軽に実地調査サービスをお問い合わせください。

Q:被災箇所以外の修理はしてもらえますか?

保険認定箇所以外の工事は費用負担が発生いたしますが、ご要望があれば別途お見積りいたします。

 

火災保険について

Q:なぜ火災保険で修理できるのですか?

火災保険は風災、ひょう災、雪災、水災等による災害も補償しているからです。

Q:自分だけで火災・地震保険の申請はできないの?

ご自身のみでも申請は可能です。
ただ保険の申請は、「専門知識がない方ですと、複雑で非常に難しい」ポイントがいくつもございます。申請フローに正確でない部分があると、「本来支払われるはずの保険金が減額されてしまったり、保険金がそもそも下りなかったりするケースも多い」です。

 

Q:保険の申請って面倒じゃないの?

ご自身のみで申請を行うと実地調査や書類作成など手続きも多く、難しくて面倒と感じられる方も多いかと思います。私たちは「保険申請における面倒なフローを全てサポート」させていただきますので、約1、2回の実地調査や簡単な書類記入、保険会社との数回のやり取りのみでお客様は簡単に保険申請を行うことができます。

 

Q:保険がおりなかったらどうなるの?

工事は中止とさせて頂きます。
そこまでにかかった調査費用や見積り費用等は一切請求いたしませんのでご安心ください。

 

Q:火災保険をつかったら保険料はあがりませんか?

その都度申請すれば、何度でも火災保険は使えます。保険料も等級制度などなく、何度使っても同じ保険料で上がることはありません。

 

Q:保険申請することで今の保険会社や保険代理店との関係を壊しませんか?

壊すことはありません。金融庁の「損害保険の保険金支払いガイドライン(2018年3月制定)」において、「保険金支払いの際には保険約款の定めに基づく費用保険金等を含めた漏れのない具体的な保険金の案内」をする旨を定めています。
しかし自ら事故を申告しないと調査自体が行われません。代理店様には申告自体を契約者に確認できる体制にあるはずですが、契約者や代理店も指摘されなければ気づかない損害が多いのが事実です。本来なら保険会社や代理店は積極的に協力する立場にあります。

 

Q:経年劣化や老朽化を台風や大雪のせいにするのは不正請求では?

不正請求は絶対にしません。経年劣化や老朽化は保険金支払いの対象外です。
自然災害による損害を経験豊富な調査員が、被害箇所・被害状況を見落とさず適切に特定することが出来るため、お客様が適切な額の保険金をいただける可能性が非常に高いです。

 

Q:雨漏りも対象ですか?

自然災害が起因の屋根の損害による雨漏りと保険会社に災害認定されれば適用になります。無料相談をぜひご利用ください。

 

Q:積立火災保険で保険を使っても満期金を受け取れますか?

補償部分の保険料と積立保険料は別になっていますので、満期返戻金は受け取ることができます。保険を適用しても補償部分の保険料からの支払いとなりますので問題ありません。

 

Q:調査の結果、保険金が受け取れない場合もありますか?

はい、あります。
なお、その場合でも調査費用などは一切いただきませんのでご安心ください。

 

 

まずはお気軽にお問い合わせください