雨樋

雨樋修理足場費用も保険金として認められます

雨樋の修理費について、実は皆様が思われている金額より高くなる場合が多くあります。
その理由は足場です。
雨樋は屋根に付いている関係上、2階より高い箇所に設置している場合など、ハシゴなどでは作業が行えず、足場を組む必要があります。昨今では、一般の方でもインターネットでおおよその工事金額を知ることができるようになりました。
しかし、その金額に足場費用が入っていないことが多くあります。そのため、想定した金額より高くなり工事を行えないケースも多々ありますので注意が必要です。

火災保険では被災箇所の修理費用が保険金として受け取れます。
そのため、修理するために足場を組む必要があれば、足場費用よって工事代金が高くなっても保険金として認められますので、お客様は自己負担はなく修繕工事が可能なのです。
住まいの保険ドクターでは火災保険がおりるポイントを熟知しております。火災保険を最大限に活用しての修繕工事を目指しております。