屋根

屋根の破損台風で壊れた家や屋根の修理に火災保険を使えます

火災保険は火災だけでなくその他の自然災害も補償されます。台風・豪雨・強風・雪・ひょうなどに対応している場合がありますので、証券・内容を確認してみましょう。
もしご自身の火災保険が、自然災害で建物が被害にあった場合に補償されるか知りたい方は、お問い合わせください。

もし万が一「去年の台風で家や屋根が破損したまま」という方が居られ、その状態でさらに今年発生する自然災害に家屋がさらされると非常に危険な状態です。
自然災害などより損害を受けた家屋の修理に火災保険を適用する場合、遡って請求できる期間には限りがあり、その時効は「3年」です。
もし「以前の被害から3年経過していない。」という方が居られましたら、お問い合わせください。家や屋根の修理に火災保険が使えるか。診断・調査など無料でさせていただきます。

火災保険には、【風水害】による被害の補償は、基本補償もしくは特約に付帯しているケースが多いです。
ただし注意が必要なのが、「補償範囲と工事範囲」です。

  • 時価と新価
  • 20万フランチャイズ ※免責ではない
  • 建物のみか、敷地内すべてが補償範囲か
  • 工事見積の出し方
  • 現場写真の撮り方
  • 図面の必要性
  • 損保会社から派遣の日本損害協会発行資格:鑑定会社とのやり取り
  • 事故日と損害理由
  • 保険法 など

保険業界の人でもない限り、このような火災保険に関する専門的事項について正しく理解することは難しいと思います。自然災害で家や屋根が損害を受け、火災保険でその修理ができるか知りたい方は、相談は無料ですので、一度お問い合わせください。

ご契約の火災保険の内容確認や、損壊被害を受けた建物の調査・診断など。ていねい・的確に疑問にお答えさせていただきます。

まずはお気軽にお問い合わせください